2015年11月09日

安い保険治療にはおさらば:審美歯科と美容歯科のセラミックの違い

保険内の治療でいわゆる銀歯になった歯やプラスチックで金属の裏打ちになってしまった歯に、コンプレックスを持っている人は少なくありません。また、形が悪いとか出っ歯などの歯並びがコンプレックスという人も多いようです。安い保険内の治療では限界があります。これらの場合には審美歯科での治療という選択肢があります。

保険内の治療費の安い一般の歯科では虫歯ならその患部を治すことに重きが置かれ、決して美しいという仕上がりにはなりません。それが審美歯科なら虫歯の治療はもちろん、見た目の美しさに重きを置いた治療を受けられるのです。虫歯を白くするならセラミックが一般的です。保険の詰め物や被せ物を外してセラミックに付け替えるのです。ただし、審美目的とされ健康保険が使えません。それでもお口の健康を考え、こういった治療法を選択する人も増えているのです。

審美歯科はだいぶ浸透しましたが、最近では美容歯科も登場しました。どちらも歯を美しくすることが目的だから、どちらにかかっても施術内容に大差ないだろうとお思いの方が多いようですが、実は基本が違うのです。かかる科を間違えると、後々面倒なことになりかねません。

審美歯科と美容歯科の違いは噛み合わせです。前者は美しさの前に噛み合わせを見ます。人間が生きていくためには食事から栄養分を摂らなければなりません。そのためにはきちんと咀嚼機能が働いていないといけません。そのために噛み合わせは重要なのです。審美歯科はまずその噛み合わせを正すように歯を治して、その上で白く美しくと審美性を重視するわけです。

一方後者は噛み合わせは関係なく、とにかく見た目をよくするための治療を行います。確かに見た目は良くなりますが,咀嚼機能がうまくいかないため長期的に見て不健康ですし、すぐに不具合が生じやすいとも言われています。ただ、美容歯科がだめなわけではありません。きちんと審美歯科で噛み合わせの調整をしてセラミックなどできれいにしてもらったけれど、それ以上を求める場合に利用するなら問題はないでしょう。

東京で歯をセラミックにする値段はどれくらい?
posted by ミツエダ at 16:34| Comment(0) | セラミックの値段 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: